プロフェッショナル
サービス:

経営コンサルティング

日本のクライエントに対しては、北米やアジアの企業との業務提携を軸とした新規事業開発、北米やアジア市場への進出、および既存事業拡大またはリストラクチャリングのための調査、戦略立案、および実行支援を行ないます。具体的には、以下のようなプロジェクトを行なっております。

  • 米国のインフラを活用したR&D戦略、新事業戦略の立案
  • 上記戦略を実施するための戦略的業務提携の検討
  • 米国におけるR&D拠点の構築、運営体制に関するアドバイス
  • 特定技術を保有する米国企業の探索、抽出
  • 米国企業の買収、合併を含む投資案件の探索、評価
  • 北米市場参入に関するフィージビリティ・スタデイ
  • 米国支店および駐在事務所の開設、業務支援
  • 米国子会社のリストラクチャリングに関するアドバイス、支援

アプローチ

当社のプロフェッショナル業務を効果的に遂行するために、依 頼企業の国際的事業目的をよく検討し、相互の意志疎通を十分に確認しながらプロジェクト発足の準備をします。

jp_approach_new

当社の特徴は、客観的な立場から戦略立案を援助するだけでなく、その実施計画をクライエント企業とともに遂行することにあります。たとえば、新規事業開発を目的とした米国先端企業との戦略的提携のプロジェクトは次のように進められます。

  1. 顧客企業の新規事業目的の把握、確認
  2. 新規事業目的を達成するために必要な項目の検討。たとえば、必要とする 技術、業務提携形態、提携先選択の基準などを顧客企業との検討を通して設定
  3. 該当する技術を保有する米国企業の抽出
  4. 先に規定した選択基準に基づき、抽出された企業を評価、選別
  5. 業務提携交渉に参画し、提携関係樹立を支援
  6. 提携関係樹立後、必要に応じフォローアップ

 

日本国内のクライアントに対する活動例

当社はこれまで多くのクライエント企業に対して事業展開のお手伝 いをしてきましたが、日本のクライエントに対する最近のプロジェクトのいくつかの例をご紹介します。

  • 半導体分野での米国における新技術探索ならびに提携関係の樹立
  • 米国内システム・インテグレーション分野の動向および日本への導入のフィージビリティ調査、戦略立案
  • 情報通信システム分野における米国ベンチャー企業との合弁企業設立
  • 燃料電池分野におけるカナダ企業との日本での合弁企業設立
  • 無線LANの分野で米国企業との共同開発ならびに米国市場での事業展開
  • 医療関連分野における米国先端技術の動向調査および日本への導入
  • 極低温冷凍機システムの米国市場での展開
  • 新エネルギー・環境技術およびエレクトロニクス分野でのR&D 戦略立案支援
  • 無人ヘリコプター事業の米国市場参入戦略立案
  • 社内技術のスピンオフによる米国市場での事業展開のフィージビリティ・スタディおよび戦略立案

レジデンシー・プログラム

AZCAではコンサルティングによる支援から一歩進んで、シリコンバレーのイノベーションのエコシステム(生態系)を活用して新規事業開拓を目指そうという意欲的な企業に対して、新規事業展開の支援とともにグローバルに通用する人材の育成を行なうプログラム「AZCA レジデンシー・プログラム」も提供しています。
本プログラムでは、顧客企業から派遣された優秀でポテンシャルのある担当要員がAZCAの事務所に一定期間常駐し、シリコンバレーにおけるイノベーションのエコシステムのまっただ中に身を置くことにより、AZCAからの直接の指導とサポートを受けながら、新規事業戦略の構築に加え、米国ベンチャー企業のインフラを学び、新規事業のシーズの探索や評価、さらに戦略的提携の締結まで実施します。

詳細をダウンロード (PDF) する

コーポレートベンチャリング・プログラム

AZCAではコンサルティングによる支援やAZCAレジデンシー・プログラム からさらにもう一歩進んで、シリコンバレーの状況に精通しベンチャーキャピタルの経験も保有するAZCAのメンバーが顧客企業のコーポレートベンチャリングを支援する「AZCA コーポレートベンチャリング・プログラム」を提供しています。
本プログラムでは、顧客企業の新規事業展開のために、シリコンバレーのイノベーションのエコシステム(生態系)を最大限に活用する仕組みの検討・構築を行ない、その仕組みの運営をベンチャーキャピタルの手法も取り入れてハンズオンで支援します。この仕組みは多くの場合、CVC(コーポレート・ベンチャー キャピタル)という形をとります。
このプログラムにおいても、顧客企業から派遣された担当要員がAZCAの事務所に一定期間常駐し、AZCAからの直接の指導とサポートを受けながら、米国 ベンチャー企業のインフラを学び、ベンチャー企業の育て方を習得します。また、顧客企業から切り出した新規事業案件をシリコンバレーでベンチャー企業的に育成する場合は、ベンチャー企業における技術開発や事業開発に携わる人材が顧客企業からシリコンバレーに異動することになります。

詳細をダウンロード (PDF) する

SVEP
シリコンバレー
起業家精神育成
プログラム

これまで数多くの日本企業に対して行なってきた新規事業の戦略コンサルティングに加え、これら新規事業展開の戦略を成功裡に遂行でき、企業の将来を担うに足る人材育成の支援を目的としたプログラムです。

本プログラムでは米国の先端的ベンチャー企業との戦略的提携などを通して新規事業開拓を目指す意欲的な企業に対し、国際的ビジネス感覚を備え、起業家精神を持った人材の育成を目指します。

これまで多くの日本企業が直面してきた、米国先端企業との効果的な戦略的提携のあり方をはじめ、シリコンバレーのインフラの活用、日本企業と米国ベンチャー企業間のメンタリティーの差と行動規範の違いを理解するといった具体的な事 業開拓から異文化コミュニケーションに至るまでの内容を含みます。

また、与えられた職務の遂行に加え、自ら企業家および経営者として行動できる人材育成のため自主的課題の選択とそれを戦略として実現させるための指導、実習を行います。