AZCAの
プロフェッショナル
スタッフ

当社のプロフェッショナル・スタッフは日米両国において豊富な実務経験を持っています。専門分野は、経営、経済、国際関係、電子工学、コンピュータサイエンス、物理工学、材料科学、化学、医学など多岐にわたり、経営と技術の両方の専門性を兼ね備えています。変化の激しい先端技術分野での経営コンサルティング業務に要求される、幅の広い知識と経験を背景に、的確なプロフェッショナル・サー ビスを提供します。また、日米およびアジアの主要地域の業界の専門家、金融機関、法律事務所、会計事務所、ベンチャー・キャピタル会社などとの広範なネットワークは、当社のユニークな強みのひとつとなっています。プロジェクトの遂行に当たっては、弊社のマネジメントチーム・メンバーに加え、必要に応じてAZCAの広範なネットワークからプロジェクトの目的に沿う専門性を備えたプロフェッショナルが参加するケースもあります。

マネジメントチーム・メンバーのご紹介

石井 正純

Managing Director
mail_ishii-1

日本IBM、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て1985年シリコンバ レーにAZCA, Inc.を設立。以後、日米企業の新規事業展開およびグローバル化の戦略構築および実施の支援を行なっている。AZCAを主宰する一方、ベンチャーキャピ タル会社Noventiにおいて、新エネルギー分野でのベンチャー投資も積極的に行なっている。早稲田大学ビジネススクールおよび静岡大学工学部大学院の 客員教授兼任。また、北加日本商工会議所 (2007年度は会頭)、Japan Society of Northern Californiaの理事、日米起業協議会 (The U.S. – Japan Innovation & Entrepreneurship Council) のカウンシルメンバーなど兼任。新聞、雑誌での論文発表および日米各種会議、大学等での講演多数。東京大学工学部計数工学科卒、スタンフォード大学よりコンピュータサイエンス修士号取得。

1972年東京大学工学部計数工学科卒業後、1976年日本IBMからスタンフォード大学大学院に留学、コンピュータサイエンス修士号取。1981年 McKinsey & Company 社に入社、日米欧の主要クライアントに対し、特に情報通信、エレクトロニクス、化学品などの分野で多角化戦略、海外戦略などの経営コンサルティング活動を 行なう。

1985年ハイテク分野での新規事業育成を目標としてシリコンバレーにAZCA, Inc. を設立。以後、米国ハイテクベンチャー企業のアジアにおける新規市場参入、日本企業の米国市場参入および米国ハイテクベンチャーとの提携等による新規事業 開拓と東西両国の事業展開の掛け橋として活躍。最近は特に「グローバル市場における日本企業の成長戦略およびグローバル人材の育成」を主なテーマとして仕 事を続けている。

AZCAを主宰する一方、2004年ベンチャーキャピタル会社NoventiにManaging Directorとして参画 (2011年からはVenture Partner)、シリコンバレーにおける新エネルギー・環境分野のベンチャー企業への投資、事業開発も積極的に行なっている。

2005年より静岡大学大学院客員教授。2012年より早稲田大学ビジネススクール客員教授。2006年より2012年までPARC (Palo Alto Research Center) のSenior Executive Advisor兼任。また、現在、北加日本商工会議所 (2007年度は会頭)、Japan Society of Northern Californiaの理事、および日米起業協議会 (US-Japan Innovation and Entrepreneurship Council) や文部科学省大学発新産業創出拠点プロジェクト (START) の推進委員会のメンバー兼任。新聞、雑誌での論文発表および日米各種会議、大学等での講演多数。共著「マッキンゼー成熟期の差別化戦略」「Venture Capital Best Practices」「感性を活かす」など。

ウェイン・ドイグチ
Wayne Doiguchi

Managing Director
mail_doiguchi

Bank of Tokyo、Union Bank of Californiaでの20年にわたるファイナンス担当、Park Plaza Investment Company、Strata Ventures, LLC (ともに創立) において日米企業を含む投資関連分野で数多くの案件を経験。Pan Pacific Bankの取締役兼任。UCLA政治学部卒、サンタクララ大学より経営学修士 (MBA) 取得。

加藤 晴洋(はるみ)

Partner
mail_kato

日本電気 (NEC) の経営情報システム本部、本社企画部を経てNECのアメリ カ事業統括会社に出向、Strategy and Business Development Division等のGeneral Managerを歴任。その後、ベンチャーキャピタル会社Dali Hook Partnersを経てKeyNote VenturesにGeneral Partnerとして参画。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。NECからマサチューセッツ工科大学経営大学院 (スローンスクール) に留学。

津山 学

Partner
mail_tsuyama-1

ソニー株式会社で20年以上にわたり、R&D戦略、新規事業戦略等を担当。15年以上にわたり、主に米国企業とのオープンイノベーション、戦略的企業提携をGeneral Mangerとして主導。東京大学工学部精密機械工学科卒業。

セルダー・ウチュクン

Partner

20年以上にわたり、NASA、Xerox PARC、Rockwell Science Centerなど世界的に著名な機関で研究開発やマネジメントを経験。日米企業間の技術提携、戦略的提携に豊富な経験保有。関心分野は研究開発にも豊富な経験を持つインターネット・オブ・シングス(IoT)、人工知能、医療機器関連分野など。Ege UniversityからM.D.、Vanderbilt UniversityからPh.D.(バイオエンジニアリング)取得、 Stanford Universityでポスドク研究員(コンピュータサイエンス)経験。

ロバート・ピーター・ゲイル
Robert Peter Gale

Partner, Healthcare Practice
mail_gale

骨髄移植の臨床などを含むガン医療の専門家。分子生物学および免疫学のエキスパート。800の論文、20の著作。世界各国の医療関係者、大学、病院、政府と強力な人脈。Hobart College (AB with high honors, Biology and Chemistry)、State University of New York at Buffalo (MD)、UCLA (Ph.D., Microbiology and Immunology)。Albany Medical College (D.Sc.)、Hobart College (L.H.D.)、MacMurray College (D.P.S.) などから名誉博士号。

詳細を見る→